【FUSION360】3D形状NC 効果的な荒加工テクニック1説明

Fusion360

Fusion 360 CAM 形状NC加工1の荒加工の問題を検討し改善しています。 NC加工1 を最初に見ていただけるとより分かりやすいと思います。

また、まずは動画を見ていただき感じをつかんでから、説明を読んでいただけるとわかりやすいと思います

【工具表記】

10B=φ10ボールエンドミル

6B=φ6ボールエンドミス

20F0.8R=φ20のR0.8のラジアス工具

【Fusion360】CAM形状の荒加工NCテクニック紹介です
Autodesk(オートデスク)

■荒加工検証

①加工残りチェック

②凹形状寸法確認

■荒加工改善

①元の10Bの荒加工を選択し右クリック「編集」をクリック

② 10Bの荒加工の工具を 20F0.8Rの工具に変更

③加工条件を20F0.8R用に変更

④荒加工工程の追加

「低負荷」をクリックし、工程を追加。追加は最後のパスの後にできるので、パスの設定を一度「OK」で抜けて、追加した荒加工工程をドラックをして先ほど変更した20F0.8Rの荒加工の工程のすぐあとに順番を変更する

⑤「編集」をクリックし工具を6Bに変更

⑥加工のXY範囲指定のタグで「取り残し加工」をチェックし「前の操作から」に設定

⑦作成されたパスをシミュレーションで確認

⑧取り残しチェック

⑨加工時間チェック

Autodesk(オートデスク)

コメント

タイトルとURLをコピーしました