在宅ワークに最適 リモートワークソフト比較

ソフト情報

最近はテレビでもリモートでの実施が多くなってきており、感染病などの対策に限らず、効率を考えるうえでもリモートでの仕事が増えていくと思われます。

そこで、いち早くリモートを使った仕事の進め方のスキルやツールを習得し会社での業務や自身の事業に展開できれば大きな力になると思います。

今回はPCを遠隔操作で作業できる以下の3つのソフトを取り上げ、インストールから設定・操作、操作感を比較したいと思います。

①TeamViewer

②AnyDesk

③ Chrome リモートデスクトップ

まずは比較をした動画を見てください。

【TeamViewer】

【在宅ワーク】自宅のPCから会社などのPCに簡単にリモート接続をするソフトの比較です今回はTeamViewerの紹介です。今後リモートの仕事のスキルが必要だと思います、是非参考にしてください。

【 AnyDesk 】

【在宅ワーク】自宅のPCから会社などのPCに簡単にリモート接続をするソフトの比較です今回はAnyDeskです前回のTeamViewerと比較してください。

【 Chrome リモートデスクトップ 】

【在宅ワーク】自宅のPCから会社などのPCに簡単にリモート接続をするソフトの比較です今回はChromeリモートデスクトップです前回のAnyDesk、TeamViewerと比較してください。

リモートソフト利用利点

感染リスクを下げられる

今最も必要なのは人との接触を減らし、感染症にうつらない、うつさないだと思います。しかし仕事が進まなければ生活ができない。つまり人との接触を極力減らし仕事を進めるために、遠隔操作で業務を進めるこれらソフトは非常に有効になります。

通勤時間の削減

日本の平均通勤時間は往復1時間以上といわれています。20日間仕事をすると、なんと20時間(2日半)もの時間を通勤に使っている事になります。すべて在宅ワークに切り替える事は無理でもかなりの時間の削減が可能となります。

自由時間の確保

本来通勤時間に充てていた時間を自分の時間として使えば、仕事の人生から解放され本来の人生を楽しむ余裕ができます

不要な問い合わせ時間の削減

顔を合わせた、人とのつながりは必要ですが、往々として無駄な会話なども多いのではないでしょうか、楽しい会話であればよいですが上司の回りくどい説教や、顧客からの重要でない問い合わせなど、必要以上の付き合い的会話で費やされる時間もあるのも事実と思います。在宅業務となると必要最低限の連絡になるため無駄が減ります

リモートソフト比較結果

まとめ

ソフト、インストールしやすさ、設定、リモート画面、動き、ライセンス

ソフト インストール
作業
設定 作業 リモート
画面
動き ライセンス
TeamViewer 個人利用無料
AnyDesk 個人利用無料
Chrome
リモートデスクトップ
◎△※無料

※は以下に詳細

①TeamViewer

インストール・設定 

インストールはすぐにでき問題はありませんが。無人アクセスの設定が少し手間があります。

操作感 

エクセルなどの事務ソフトは問題はないですが、CADのような情報量が多い物については少し残像が出る、動きが遅れる等の問題がありましたが、使用はできるレベルと思います。

②AnyDesk

インストール・設定

インストールはすぐにでき問題はありませんが。無人アクセスの設定が少し分かりにくい点がありました

操作感  

エクセルなどの事務ソフトは もちろん、CADソフトの操作も問題なく業務での使用は非常に良いと思います

③ Chrome リモートデスクトップ

インストール・設定 (※)

Chrome のアカウント設定がされていれば、リモートデスクトップのインストール設定は非常に早く楽にできますが、もし Chrome がインストールされていないやアカウント設定がまだの場合は少し手間がかかる

操作感

画質は少し落ちますが、画面の速度は問題なくCADなども作業も可能と思います

タイトルとURLをコピーしました